第8回講座 - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第8回講座


第7回講座まででCメジャースケールの2/5を覚えられたはず。

さて、今日はCメジャースケールの3番スケールである。
下図のとおり。

1スケール


6弦5フレット(A)から1弦8フレット(C)で終わるパターンだ。

勿論、上昇パターン(6弦Aから弾いて1弦Cで終了)と下降パターン(1弦Cから弾いて6弦Aで終了)両方練習だ。
これは1番、2番スケールも一緒。常に上昇、下降の両パターンで練習して指と目に覚えさせる事。

さてこれも当然、2番スケールとカブってる場所がある。つまり、2番の次にあるスケールは絶対に3番スケールなんだね。

つまり、Cメジャースケールの中でネックを握ってから左手をほとんど動かさずに、6弦?1弦まで約2オクターブが弾ける小分けになったスケールってのは1番から5番まであるんだけど、順番は絶対に変わらない。

1番→2番→3番→4番→5番である。
決して、キーが変わったからといって、1番→3番→5番→2番→4番などにはならない!
したがって、必ず順番どおりに覚えていくこと。
そして、各スケールのカブっているところを意識しながら、少しづつ、つながりを覚えていこう。

でわ、今日はここまで。


コメント
非公開コメント

疑問?

6弦5フレット(A)から1弦8フレット(C)で終わるパターンって書いてますけど、貼ってある画像あってますか?5フレットから書いてないですけど。。。?

2007-03-15 14:51 from 初心者

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。