第6回講座 - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第6回講座


第5回講座にて、Cメジャースケールの説明をしたけど、特に音程(CとかDとかEとか)は今は気にしないでもよろし。

では、何は重要か。
それはポジションの形。つまり、Cメジャースケールのポジション(どの位置のフレットを押さえればCメジャースケールになるのか)をまず覚える事が先決なのだよ。

前回、仮に1番という名前をつけたスケール(正確には左手でネックを握った時に、左手の位置を動かさないで弾ける、0フレットから3フレットまでが使えるCメジャースケールの一部分)には、音程が書いてあったと思うけど、今回以降、まずは音程よりもポジション重視に切り替えたほうがわかりやすいと思ったので、下図にポジションの位置を青玉で示すこととする。

c


ギターでアドリブをする(もっと言うと、ギターという楽器を理解する)為には、今後数回に渡って表していく、Cメジャースケールを絶対に覚える事が最重要となってくる。

まずは、この1番のスケールポジションを覚えてしまおう。

くどいようだが、最も重要なのは、Cメジャースケールである。

とうぜん、このポジションはピアノでは全て白鍵の位置になる。

ちなみに、ギターという楽器は12フレットまで覚えればよい。

12フレット以降は、(音程は1オクターブ上だが)ポジションは0フレットから全く同じ形の繰り返しとなるから。

そして12フレットまでに、既に示している1番のスケールの形を含めて、5つの形がある。
それさえ覚えれば、あとは簡単。

まずは1番のスケールの形(ポジション)をしっかり覚えて、次回の講座に備えよう!
大丈夫。君は絶対に上手くなるのだ!

なお、質問は「りぃだぁ」までメールを頂ければ、時間の許す限り、極力返事をお返ししてお教えさせて頂くので、左のメールボックスからメールを送信してほしい。
ガッツあるギタリストの卵達!待ってるぜ!






コメント
非公開コメント

イマイチ…

青玉の弾く順番は解放弦~Ⅰフレット6弦~3フレット6弦~5弦解放弦~と順番に降りていけばいいんですか??

2009-06-01 22:04 from 理解力ナッシー

Re: イマイチ…

> 青玉の弾く順番は解放弦~Ⅰフレット6弦~3フレット6弦~5弦解放弦~と順番に降りていけばいいんですか??

降りていっても1弦3フレットから順に上がっていってもオーケーです。
形と位置を覚えましょう。
アドリブするなら、どの位置でもこの”形”が頭に入っていなければなりませんから。

2009-06-07 23:12 from りぃだぁ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。