ギターでかっこいいアドリブができる人って、やっぱりセンスの違い? - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ギターでかっこいいアドリブができる人って、やっぱりセンスの違い?


ギターの腕前も中級者くらいになって、アドリブ(即興演奏)が出来るようになると

「ギターってホント楽しいなあ!」

って思えてくるもの。


ただ、ギターアドリブといっても、最終的にセンスのあるかっこいいアドリブが出来るようになるには段階がある。

算数の問題と一緒。
いきなり応用とか難しい問題はできない。

まずは式を覚える。(1+1=2)
次に、数字を変えて応用してみる。(4+3=7、 5+1=6 ・・・)
最後は大きな数字に変えて応用する。(15+29=44、609+237=846 ・・・)


ギターでアドリブをする時だって一緒。
いきなり最高のパフォーマンスのアドリブはできない。


まずは、スケールを覚える。
次に覚えたスケールを崩して自分でメロディーを作ってみる。

最終的には、いろんな人のアドリブプレイなどをたくさんコピーして自分の引き出しを増やし、数稽古をこなしていくうちに、かっこいいアドリブがどんどん弾けるようになる。


もっと言えば、最後はメロディーセンスがものをいう(笑)。

もちろん、センスも磨けば磨くほど、誰だって光るようにはできるから、とにかく”かっこいいアドリブ”が出来るようになるためには、数稽古と継続練習しか道はないと思う。


そんなの、ただの根性論じゃん!と言われるかもしれないが、結局のところ上達に近道なしってこと。



まあでも、例えばかっこいいアドリブが弾ける”コツ”というか”形式”というか、かっこいいアドリブの法則みたいな、そんなものがあれば、効率的なギターアドリブの練習にはなると思う。


ひとつ言えるのは、コードのルート音(コードCならド)をメロディーの最初に持ってくると、そんなにすっとぼけたアドリブにはならない。

もちろん、いつもルート音からばっかりじゃ能が無いけど、最初のうちはルート音を意識して弾き始める事が大事かな。

ほんとの究極は、サクッと鼻歌で作ったメロディーをギターでパパッと弾ける、これがギターアドリブの最終目的だけどね。


鼻歌で作ったメロディーに関するセンスについては、ここではコメントしないが・・・。








コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。