”やる気”を出す簡単な方法 - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


”やる気”を出す簡単な方法


やる気って、どうやって出すんだろう・・・・?

と、悩んだことが一度や二度ではないはず。

学生諸君なら勉強、社会人なら仕事、主婦なら家事とか、まあいろいろ立場によって”やる気”を出さなきゃ行けない場面ってのは生きてるかぎり往々にしてあるもんだ。

でも学生の頃を思い出すと・・・
試験の直前、やる気をださなきゃならない!って時に限って、マンガとか読んじゃうんだよな~

あれ、何でかね?

大事なときに限って、もう読み古してストーリーもぜーんぶ知ってるマンガとかを夢中になって読んじゃう(笑)。


さて、やる気をださなきゃならない大事な時に”やる気”を出す方法だけど、なんとやる気は

”やらないと出ない”

んだそうだ。


やる前からやる気スイッチが入るよりも、やる気スイッチはやり始めてから入る、ってことの方が実は多いそうだ。



つまり、勉強も仕事も家事も、やる気を出すためにはとりあえずでも始めないと”やる気”ってのは出ない。


納得した。

そういえば、部屋の掃除なんかでも普段は全然やる気なんかないから、荒れ放題。
で、「手を伸ばしたら取りやすい所に置いてある・・・んだ」

と訳のわからない言い訳して自分で納得しているオイラがここにいる。


でも、ちょっと机の汚れが気になって、なーんかのきっかけで掃除を始めてしまったら”やる気スイッチ”が入ってしまって、今度は棚とか床とかの汚れがどんどん気になってきて、本格的に掃除を始めてしまう。

そんな経験、みんなあるんじゃないかな?


この原理はどんな人も、いろんな所で応用できるね。


学生は、勉強だ!
とりあえず、なんでもいいから勉強を始めちゃえ!

ちょっと参考書読んで、ノートに覚えようとしている事を書く。

すると、あれもこれも覚えなきゃいけない事がどんどん見つかって、なぜか本気で勉強するモードに入るわけだ。



初めのきっかけは、さすがにエネルギーが必要だし、瞬発力がいるけどね。


この原理を使えば、初めのエネルギーだけを何とかすれば、

「なんかギターの練習、する気にならないんだよなぁ」

って日でも大丈夫。


とりあえずギター抱えて、簡単なスケールでも弾いてみよう。

あるいは、なんか一曲でいい、一番好きな曲でも弾いてみよう。


するとどうだ!ほーら、どんどんやる気が出てきた!

もういろんな曲やスケールの練習がしたくてたまらなくなってきた。


やる気を出す、以外と簡単な事がわかったかな?

これ、いろんな所で役に立つのだ。



学生のころ、この原理を知ってれば、もうちょっと勉学にも身が入ったのに・・・





コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。