ギターがうまくなるコツはあるのか? - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ギターがうまくなるコツはあるのか?

ギターがうまくなりたい人はたくさんいるはず。

キミだって、ギターがうまくなりたいっ!と思って毎日ギターを練習してるだろ?

で、実際にあまりギターがうまくならないから悩んでいるわけだ。


でも、ギターがメチャメチャうまいヤツって、日本中掃いて捨てるほどいるわけで、そういうバカテクギタリストをyoutubeなんかで見るたびに

「才能の差かな?」
「練習方法に何か秘密があるのか?」
「手が大きいほうが有利なのか?」
「小さい頃から習ってたんだろうな・・・」
「値段が高いギターだからじゃないの?」

などなど、いろいろと考えてしまうわけだな。

ではギターがうまいヤツはなんであんなにうまいのか?

その答えは、簡単に言ってしまえば”練習量の差”だ。


もちろん、多少は本人の才能やら運動神経やら覚えの速さやら、そういった先天的な違いはあるだろう。
多少ね、多少!

でもね、表に出ている時間の、その何十倍もの時間を費やして裏では猛練習を重ねているんだよ。

それって、ギターだけに限らずなんでもそう。
今、タイミング良く男子バレーの五輪最終予選をやってるけど、テレビで観ててどう思う?

「バレー、うまいなぁ」
「あんな早いスパイクをよくとれるなぁ」
「タイミングよくブロックをコートに落とすなんて、すげ。」

まあいろいろと感心する事はあるけど、選手たちは今日の2時間程度の試合だけのために、それこそ毎日8時間、9時間という練習量をこなしている。

だからこそ、あんな人間ばなれしたプレーができる。

決して才能があるわけじゃないと思う。
華やかな表舞台で活躍するために、その何十倍、何百倍もの時間をひたすら地味な練習と体力作り、栄養管理、体調管理なんかに努めているわけじゃんか。


youtubeでみつけた超絶テクニックのギタリスト、彼はyoutubeの中のたかだか10分程度の時間でものすごくうまいギターを披露して喝采を浴びて閲覧数を伸ばし続けてる。

でもね、その10分足らずの時間は彼のギターライフの時間をほんのチョット切り取って見せているだけなんだね。

それ以外の時間は、ひたすら毎日ギターの練習にあけくれている。
そういう、裏の部分が見えるようになった時、キミのギターライフが変わってくるはず。

そう、超絶テクのギタリストの彼だって、悩み苦しみ、睡眠時間を削り、時には投げ出したくなるほど落ち込みながらギターがうまくなる日を夢見ながら毎日ネックを握っているんだ。


ギターの練習なんて、やろうと思えばだれでも出来るだろ?

すごいと言われるギタリストは、”誰もが出来る事”を”誰よりも時間をかけてやり続けている”からこそうまいんだよ。

逆に言えば、それができれば誰だってギターはうまくなる、というわけ。

1年後に、「後悔?してないよ」ってくらい練習しなはれ。
アホみたいにうまくなってるはずだから。



コメント
非公開コメント

No title

はじめまして!練習生と申します。

20代後半のいい大人ですが、一月前からギターの練習を始めました。

音楽は素人ながら、りぃだぁさんと同じ「練習量がモノを言う」という持論に基づき、仕事終わりにコツコツ練習しています。

人並みに練習を重ね、ある一定のレベルに達したギタリスト達から「上手い!」と崇められるようなギタリスト・・・たとえば、私が思いつく中では元・SIAM SHADEのDAITAなどがそうですが、彼の様になるには才能が必要だと思います。

しかし、ある一定のレベル、具体的には、素人に聴かせても特に問題ない(良い意味でソツがない)レベルなら、初心者の私でも練習を重ねる事によっていずれ到達できると信じています。

これからも、りぃだぁさんのブログを大いに参考にさせて頂こうと思います。

次回の更新を楽しみにしております。 かしこ

2012-06-10 00:27 from 練習生

Re: No title

>元・SIAM SHADEのDAITAなどがそうですが、彼の様になるには才能が必要だと思います。

コメントありがとうございます。
私はこの元・SIAM SHADEのDAITAというギタリストを知らないのですが、確かに才能のある、ないは・・・あると思います(笑)。

ただ、それを言ってしまうと才能がないのなら練習してもムダじゃないか?と思う人も出てくるでしょう。
DAITAというギタリストだって、自分が才能があるから練習したわけではなく、人の数倍の時間と工夫をこらして練習した結果、周りから”すごいな”と言われるようになったんだと思います。

才能があるかないか、というのは初めからわかるものではありませんし、ギターを弾くことが好きなら才能とかは関係ないですし、たとえ自分ではヘタだなと思っても、どんどん人前で演奏するほうがいいと思いますね。

プロだってアマだって、「上手いかヘタか」 で 「好きか嫌いか」を判断しているわけじゃないですからね。
正直、あまり上手くない歌手でもファンがいるのと同じように、やっぱり音楽とか演奏とかに対する「情熱」とか「想い」が共感を呼んでいるんだと思いますよ。

練習生さんも、自分の「音楽に対する情熱」を表に出せるようなギタリストを目指してがんばってくださいね。


2012-06-13 21:45 from りぃだぁ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。