オクターブチューニング - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オクターブチューニング


ちょっとここでオクターブチューニングについて話をしておこう。
結構、オクターブチューニングと通常のチューニングについて、よくわからん、って問い合わせもあるので・・・。

で、今回は通常のチューニングはちょっとおいといて、まずはオクターブチューニングから。
ま、本当はどっちも同時にやらなきゃいけないんだけどね。

オクターブチューニングはなぜやらなきゃいけないのか?というと、ギターの構造として、

1,0フレット?12フレット
2,12フレット?

という2段階の音階構造になってるのは前にも話した通り。→参考記事

つまり、ギターっていう楽器は、0フレット?12フレットまでを覚えてしまえば、12フレット以上はすべて1オクターブ上で全く同じ音構造なわけ。

このへたくそな絵を参考に
↓   ↓   ↓
ギターの絵

ほんと、絵心がないってのは悲しい事だね・・・

で、オクターブチューニングを行う意義なんだけど、この上図にあるように、第一段階(0?12フレット)までの音と第二段階(12フレット以上)が、1オクターブ上でチューニングがぴったり合ってなきゃダメなんだよね。

オクターブチューニングが狂ってるとどうなるか、というと、

例えば6弦の5フレットを押さえた時には、確実にA(ラ)の音がぴったり出てるのに、同じ弦上の17フレットを押さえたとき、1オクターブ上のA(ラ)が出なきゃいけないのに、なんか音が微妙に低い(または微妙に高い)という気持ち悪い音程がでちゃうんだわ。



ご存じの通り、弦楽器は弦の長さで音程が決まってる。

つまり、弦の長さが長すぎた場合でも、実は通常のチューニングで6弦E(ミ)に合わせる事はできちゃう。

12345

ところが、第二段階の弦の長さが長い(ブリッジから0フレットまでの、ちょうど半分の弦の長さが12フレットになる、はず)から、ここのチューニングは絶対合わない。

通常のチューニングでEに合わせても、上図のように第二段階の弦の長さが長い場合、12フレットはEよりも低い音になっちゃうわけ。

つまり、全体的にブリッジから0フレットまでの弦の長さを短くしてやらないと、12フレットがちょうど半分の長さにならない。
これを合わせるのがオクターブチューニングというんだね。

12355

このように、ブリッジのコマ(ネジで前後する)を調節することで、弦の長さが変わる。

すると、0フレット?12フレットまでの長さと、12フレット?ブリッジまでの長さが一緒になる。

そうなれば、12フレットからはちょうど1オクターブ上の音程になる。

まあ、一応理論上はね。

ただ、ギターによってクセとかいろいろあるんだろうから、特にフェンダー系のギターには弦一本一本に、ブリッジで長さ調節ができるようにコマ(正確にはサドルというらしいぞ)がついてる。

つまり、1本1本、弦の長さを調節する必要がある(んだろうね)

まあ、オクターブチューニングの意義ってのは、そういう事なんだね。

いやいや、バカにしちゃいけない。

フレット音痴なギターだと思ってたら、単にオクターブチューニングができてなかっただけ、みたいな事はよく聞く話だ。

大体、最近のギターは安くてもフレット音痴なんてまず、ない。


「いや?、どんなにチューニングしても、チョーキングの音程がどうしても合わないんだよね?」

それはキミの練習不足だ、残念だが。







コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。