ハイコードなんて簡単!簡単! - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ハイコードなんて簡単!簡単!



予定どおり、ハイコードの覚え方の講座だよ。(時々予定が狂う時があるからね・・・)

まず下図は、ローコードのCメジャーコードだよね。
Cメジャーコード

このCメジャーコードの形をそのままに、Dメジャーというコードを作ろうと思ったらそどうすればいいか。

C→Dは全音移行だよね。

つまり、フレットを2つ分(フレット1つは半音だから)そのまま全体的に移動させてやればいいだけ。

Dメジャーコード

青い棒の部分は、いわゆるバレーコードっていうんだけど、人差し指で全部の弦を押さえるんだね。

これはいわゆる、Cメジャーコードにはある0フレット(ナット部分のところ)を人差し指で作っちゃうわけだ。

つまり、C→Dは全音移行なので、0フレットの部分も同じく2フレット分移動させてやればいいだけ。

Dのローコードと同じ響きが出るから、ためしにやってみよう。じゃら?ん。ほら、出たよね?


では、Eメジャーコードはどうなる?

これも、D→Eは全音移行だから、Dメジャーコードから全体を2フレット移動させるだけ。

Eメジャーコード

うひょ?、ギターって簡単な楽器だよね。感謝感謝!

ではでは、E→Fはどうなる?

E→Fは半音移行だよね。だから、フレット1つ分だけEメジャーコードを全体的に移動させるだけ。

Fメジャーコード


こうやって覚えていけば、簡単にどのフレットでもコードは作れるわけだね。

バレーコードは、ハイコードになるから、このように考えたら実はどんな位置でもコードが作れちゃう。
特にフレットと音階の関係を覚えてなくても、

C→D
D→E
F→G
G→A
A→B

が全音移行で、

E→F
B→C

が半音移行ってのを覚えておけばいいのだ。

で、大事なことは、目で覚えるだけじゃなく、実際にこれらのコードを押さえてみて、通常のローコードと同じ響きが出るのか、同じコードでもちょっと違うとか、そういうニュアンスを理解するためにも必ずギターを抱えて弾いてみて、耳で確かめておこうね。


コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。