度数って何?どう数えるン? - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


度数って何?どう数えるン?


今日は、度数について。

度数というのは、よく聞くのは「3度ハモ」ってのかな。

まあ、ようするにメインのメロディーから3度の音でハーモニーを奏でるって事。

あ、「ハモる」ってのは、ハーモニーを奏でるの略だね。

で、3度ってどこだよ?って言う前に、度数の数え方を覚えよう。

といっても、メッチャ簡単。

下図は、ド(C)を基準に、他の音を数えたときの数え方だよ。

度数

つまり、ドから数えて、ドそのものは1度、レは2度、ミは3度?というふうに数えていく。

ということは、1オクターブ上のドはつまり、8度の音、という事になるのだ。


最初に言った「3度ハモ」ってのは、例えば「ド」の音に対しては「ミ」でハモるって事。

では、ソの音で3度ハモは?

答えは「シ」だね。


この場合は、ソの音を基準にするから、ソが1度、その3度上はシになるんだね。


じゃあ、「ソ ラ シ ミ ファ」 っていうメロディーがあったとして、これを3度でハモった場合は?

そう、「シ ド レ ソ ラ」 って事になる。


「な?んだ、3度ハモって簡単じゃん」

と思ったかな?


そう、音の数え方は簡単なのだ。


ただし、ドからミの3度は、全音2つで成り立ってるよね?

(全音については、前回までの記事を見てもらうとしよう)


ところが、ミからソの3度になると、全音と半音が1つずつで成り立ってるよね?




ここが音楽理論のうっとうしい(笑)ところで、



全音×2 で成り立つ3度の音を、「長3度」(メジャーサード、M3と表記する)

全音×1、半音×1 で成り立つ3度の音を「短3度」(マイナーサード、m3と表記する)




・・・・(-_-)


どうだい? 音楽理論って、めんどくせ?だろ??(爆)

まあ、こんなの覚えなくても全然大丈夫なんだけど、できれば理論というか、音楽ってこういう風に成り立ってるんだってのだけでも感じておいてほしいのだ。


ま、偉そうに理論書いてるりぃだぁも、実は数年前まで全く「音楽理論」を知らずに作曲やアドリブなんかをやってたから、別に知らなくてもギターなんて弾けるから安心してちょーだいな。

(実にギターを初めてから25年以上、度数? Cってドなの? なんでABC順じゃないの? なんて言ってたんだから!ま、今でも楽譜はシャープが1つ付いたらもうお手上げ状態だけどね)


さて、このうっとうしい音楽理論なんだけど・・・しばらくつづく(爆!!)





コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。