ギターの音階は右脳で覚える! - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ギターの音階は右脳で覚える!


さて、ギター音階や音の構造がどんな感じなのか、それはわかっただろうか?

意外と簡単?

なんかややこし?形してるな?。

どう感じたかな?


で、ギターの音ってのは、実は形で覚えてしまうんだ。

音階とかそういうのはとりあえず無視して、音が並んでいるところを青玉で表すとこうなる。

↓    ↓    ↓
C&Am

これ、この形をそっくりそのまま覚えてしまう事。

え?無理?

ややこしい?  

めんどくさい?

わけわからん?

ウザい?(・・・おい)


よっしゃ、じゃあ3カ所に分けて、これならどうだっ。

↓    ↓    ↓
image59

図は過去の使い回しでその時その時に作ったものなんで、形が微妙にいびつなのは許してほしい。

まあ、これは「りぃだぁ」の覚え方なので、自分で覚えやすく何カ所かに切って、それぞれの形を覚えていってもらえればいいのだ。

ただし注意点がある。

ギターってのは、左手(レフティーは右手)でネックを握り込んで、その握り込んだ手を極力動かさずに指が開く範囲は、4?5フレットくらいが一般的。

だから、12フレットまでを大体3等分くらいにするとちょうど良いが、2つに分けると6?7フレット分になるから指も大きく開かなきゃならないし、覚える青玉の数も増えてしまう。

雪男くらい手がデカけりゃ大丈夫だけど、普通の人はやっぱり3等分くらいで分けて覚えよう。

ちなみに、「りぃだぁ」は雪男に会った事が・・・ない。

ので、たぶん雪男は手がデカいだろうという想像で言っているので、「こいつ、雪男とマブダチなんか?」とか思わないように。





コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。