アドリブの第一歩。とにかく音をはずさずに即興演奏! - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アドリブの第一歩。とにかく音をはずさずに即興演奏!


いやはや最近アドリブ講座について、な?んもやってなかったからやる!

アドリブで最も基本は、”その曲のキーに対して音をはずさない事”
なんであるけど、わからない人にとっては
「どこを弾けば音がはずれないのか?」
がわからんって事だよね。

で、前々回くらいにちょっと出した、音階のやつね。
これ、ドレミ・・とか書いてあるけど、まあ詳しく言えば音階が書いてあるフレット、これがピアノの白鍵の位置。
で、何も書いてないフレットは、ピアノの黒鍵の位置。つまり♯や♭がこれ。
で、この状態をCメジャースケールという。

例えばCメジャーの曲なら、ピアノの”白鍵ばかり”を適当に弾いてみても、音がはずれない状態なんだね。
黒鍵の方は全く使わなくても、Cメジャーの曲なら白鍵だけでアドリブ(じゃないけどまあ、音ははずれない状態)になる。

音階図

なぜ音がはずれないのか?
超簡単に言えば、Cメジャーキーの曲は、ピアノの白鍵の位置の音ばっかりで出来ているから!
簡単に言えば、そういうこと。

で、このCメジャー、ピアノの場合は白鍵が並んでるけど、ギターの場合はどこが白鍵の位置か、覚えなければならない。

とりあえず、音階はまあいいとして、ここが白鍵の位置だよっていうのを青玉で示しているので、これの位置を全部覚えたら、ピアノの白鍵の位置を覚えた事、つまり、Cメジャーのキー(調)の曲だったら音をはずさずにアドリブができる。(音がはずれないってだけで、メロディーになるかどうか、は別だけどね。)




Cメジャーの青○


といっても、このままじゃ覚えにくい。

で、どうするかというと、下の図のように、3カ所のエリアに分ける。
赤い線で囲んだ部分を、1つずつ覚える。
1カ所ずつ、それぞれ左手で握り込んでしまえば、ほとんどうごかさなくても6弦から1弦まで使って音階が弾けるのだ。


3カ所

6弦の開放弦(0フレット)から始まって、1弦の3フレットまでの下降や、逆に上昇していってもいいが、とにかくこの形を目と指で完全に覚えてしまおう!

このCメジャースケールである、白鍵の位置さえ覚えれば、もうどんなキーにも対応できる基本中の基本のスケールだから、絶対に覚えて欲しい!





コメント
非公開コメント

Re: 答え遅れて済みません<(_ _)>

> 答えが遅れて申し訳ないです。
> コメントがエロ系ばかりだったんで、わほいさんのものが埋もれてました。
> 私のチェックミスです。ごめんなさい。
>
> で、Emだったらどうなるか、というご質問ですが、こうなります
> ↓   ↓
> http://gontaro.boo.jp/guitar/
>
> よーく見ると、Cメジャースケールと全く一緒で、横方向にスケールがずれているだけなのがわかりますか?
> ちなみに12フレット→0フレットに折り返しです。
>
> スケールだけで見ると、形は全く一緒で左右にずれているだけなんです。
> もしよくわからなかったら、
> rtok2011@yahoo.co.jp
> の方にメールください。
> もっと詳しく説明しますよ。
>
> あと、Cメジャーは、単にC、またはCMと表記されます。
> いわゆるハ長調です。

2009-02-02 00:43 from りぃだぁ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。