ダウンよりアップを意識する - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダウンよりアップを意識する


エレキギターの場合、ピックで弾く事が多いよね。
で、例えばギターソロなどの単音で弾く場合や、コード弾きなどまとめて複数の弦を一気にはじく場合とか、まあ、要はピッキングというのは、ことエレキギターやアコースティックギターにはすごく重要なテクニックなんだね。

ほとんどの人は、というか、初心者のうちはとにかく左手のフィンガリングの習得ばかりに気持ちが傾くんだけど、本当に重要なのは右手、すなわちピッキング

この右手のピッキングの練習が、基礎の習得段階でおそろかになっていると、中級者以上になった時に「あれ?、なんかもう、これ以上は上手く弾けない・・・素質ないのかな?」なんて事になりかねない。
右手のピッキングってのは左手のフィンガリングに比べると、なんか地味だ。残念だけど。

これがクラシックギターとかだと、左手のフィンガリングよりも右手の”フィンガリング”の方が「おおー、すげー」って言われるくらい重要になってくるし、またクラシックギターの場合はホント、右手は難しい。
正直、出来ない人にとってはイライラするよね(笑)

で、エレキギターの話に戻るけど、まあまだクラシックギターの右手フィンガリングってのは”自分の指が直接弦に触れる”っていう意味ではやりやすい。つきつめると、逆に奥は深い。深海のように深い。
もうほんと、ニュアンスの違いを出すにも自分の指そのものだから、感情表現の範囲が広い。でも自分の指そのものだから感情表現はやりやすい。もちろん、そのコントロールは長時間の訓練が必要だけどね。

逆にエレキギターなど、ピックを使う場合は、自分の指でなくピックで”はじく”わけで、直接自分の指で表現するわけでないという意味では、難しい。それなりに奥は深いが、指先ほど繊細でないし、神経も通ってないピックの場合、表現方法はある程度絞られる。

それでも感情表現は自分の指でないピックそのものでやらなければならない。だからピッキングの基礎を習得することは、非常に重要ってわけ。

で、前置きが長くなりすぎたけど、ピッキングの練習をするときは、ダウンピッキングとアップピッキングが同じくらい自由自在にできるように練習しよう。
特にアップピッキングはダウンピッキングほど簡単にコントロールは出来ないと思うので、徹底的に練習あるのみだ。
ダウンだろうがアップだろうが、手足のごとく扱えるようになることが基礎の段階では重要だし、あるていど上達した後も常に意識して練習しよう。

とはいえ、なかなか難しいのでちょっとしたコツを。

まずはダウンピッキングばかりを繰り返す。ダダダダってね。簡単だね。
で、ダウン→ダウンに移る時、どうしても”空振り状態のアップピッキング”をやってるはず。

その空振りの時に、ピックを弦に当てる。するとダウン→アップ→ダウン→アップ・・・・になるはず。
これ自体はオルタネイトピッキングといって、ダウンとアップを交互に繰り返すピッキング方法なんだけど、ただ単にオルタネイトピッキングをだらだらと練習してもダメ。

アップピッキングがダウンピッキングと同じくらい楽勝にできるようになる為の練習は、

まずダウンピッキングを4回、ダッダッダッダッっとやる。
次に同じリズムのままアップピッキングを加えて4回やる。ダダダダダダダダになるね。
で、同じリズムのまま今度はアップピッキングだけをやる。言葉にするとまたダッダッダッダッになるけど。

これを6弦から1弦まで行う。太さの違う弦でも違和感無くできるように

大事な事は、ダウンもアップも同じような感覚で出来るようになる(ま、実際には感覚は違うけど)くらいまで意識を高める事

ダウンピッキングは得意だけど、アップピッキングが苦手なんだよね?ってならないように。
ピッキングを極めると、近い将来の上達の道の妨げが無くなるから、早く上達できるようになる。

もちろん、練習は少しの時間でもいいから、できるだけ毎日、毎日ね。












コメント
非公開コメント

いいね!

わかりやすくていいねー

2015-04-25 17:08 from つんころちん

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。