- ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



ギターをやってみたいんだけど、音がどのように並んでるのかよくわからん・・・・だからやらん、

という人が結構いるみたいなので、じゃあ、わかりやすくギターという楽器の音の並びを説明しようではないか、ということで、下の図をみてほしい。

音階図

6弦から見ていこう。

6弦は、解放状態でミ(E)の音になっているよね。
このミから初めて6弦上をファ、ソ、ラ、シ、ド、レ、ミと移動していくと、12フレットで1オクターブ上に
なるよね。

つまり、ギターというのは、1つの弦上において、0フレット(開放弦)から12フレットまでで1オクターブ上までの音程が完結するように出来ている。

他の弦も順番に見てもらうとわかるように、1つの弦上において、12フレットで1オクターブ上までの音程が必ず完結する。

ちなみに、0フレットの音の並びと、12フレットの音の並びをみてもらえば、全く同じなのがわかるはず。
もちろん、12フレットの全ての音程は、0フレットの1オクターブ上となっている。

12フレットから上は、0フレットから12フレットまでがそのまま繰り上がっている状態。

つまり、0?12フレットの1オクターブ上で全く音の並びが同じ状態のものが、12?22フレットまでに散らばっているって事。

ようするに、0?12フレットまでを覚えてしまえば、12?22フレットは同じ形だから応用だけだね。

単純だね!ギターって。



コメント
非公開コメント

そうなんです…始めようと思ったが何も知らなすぎて行き詰まっています。しかも音が合っているつもりで教則DVDを見ながらやっていると映像に映っている人と音が違う(;_;) これじゃ何かやってもダメか…と本当の音が分からずそのままです

2008-10-16 14:28 from ゆぅ

いやーこのブログためになります。

2008-10-27 23:14 from -

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。