ギターは大切に扱う - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ギターは大切に扱う



マリナーズのイチロー選手は、アマチュア時代から今でもずっと、試合が終わった後でも一人ロッカールームに残り、グラブやバット、スパイクをピカピカに磨いているそうだ。


「商売道具を粗末に扱って、いい選手になれるわけがない」

という、自身の信念だそうだ。


なるほど、と思ったね(←ちょっと反省しながら)

確かに、一流と呼ばれている人はみな、自分の道具を大事にする人が多い。

中には粗末にしてる人もいるけどね。

ギターもせめて、練習後はきれいに弦やボディーを拭いてやったり、たまにはグリスアップなどもしてやろう。

ネジの緩んでいるところはないか、時々チェックしてあげよう。

そうすれば、いつもベストコンディションで使えるし、なんか不備が出たときでも普段から大事にしていれば対処の方法もすぐに見つかりやすくなる。

ギターに愛着がわけば、

「持ち主が下手くそじゃギターに申し訳ない。よし、練習して上手くなるぞ!」

という気にもなる・・・かもね。

何事も、愛情が大事なのである。




コメント
非公開コメント

ガネーーーーシャァアアアアアアアアア!!!!!!

2008-06-23 20:33 from -

自分にとってMyギターは「漫才で言う相方」なんで、自然と愛着持ってますね♪
名前は付けてませんが!笑
コンディションを保ったり、把握しておくのは、演奏する側の仕事ですよね~♪

2008-06-28 17:02 from tangerineflames

名前・・・

付けるのアリかもしれませんね!

2008-07-06 02:22 from りぃだぁ

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。