度数の考え方:2度の場合 - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


度数の考え方:2度の場合



音楽をやる上で、度数は基本中の基本。

この度数の考え方は、必ずマスターしてしまおう。

今後、音楽理論などを真剣に学ぶ事があったら、絶対に役に立つことうけあいだ。


まずは基本から。

ド(C)から始まる音階を例に挙げてみよう。

ドレミファソラシドはド(C)から始まる音階だよね。Cメジャースケールとかハ長調とか呼ばれる。

この場合、ド(C)そのものズバリを1度と呼ぶ。

レ(D)は2度。ミ(E)は3度。

以下、1オクターブ上のドまで、全部で8度である。

度数


では、例えばレ(D)から始まる音階、レミファソラシドレ、つまりDメジャースケール(ニ長調)だとどうなるか、というと、




そう、どの音程から始まろうが、そのものズバリの音を1度、そのあとに続く音階は2度、3度?と呼ぶ。

さて、その中でも2度、3度、6度、7度の音は、”長○度”と”短○度”がある。


今回は2度の場合を例にとってみよう。

どういうことかというと、ド→レは間に半音(ピアノでいうところの黒鍵)を挟む、いわゆる「全音」であるが、ミ→ファは、間に黒鍵がない、いわゆる「半音」でミ(1度)とファ(2度)の関係になるよね。

こういった場合、全音で1度と2度の関係になる音程を

 「長2度(メジャーセカンド)」 
例:ド→レ、レ→ミ、ファ→ソ、ソ→ラ、ラ→シ


半音で1度と2度の関係になる音程を

 「短2度(マイナーセカンド)」 

例:ミ→ファ、シ→ド


と呼んで分けているってわけ。

通常、度数を数える時は、♯や♭は考えず、単純にドレミファソラシド(これを幹音:かんおん)だけで考える。

では次回は、3度の話を。














コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。