ミュートはどうやる? - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ミュートはどうやる?

ギターを弾く時に大事なのは、ミュートがちゃんと出来ること。

つまり、弾いている弦以外の弦は、きっちりとミュートして雑音が出ないようにするんだね。

これが意外と難しい。

いや、ベテランはふつ?に出来てしまうものなんだけど、初心者からするとどうやってるのかすらわからない状態である。

で、コツとしては、1弦、2弦、3弦のように、弾いてる弦よりも下側の弦は、左手のフィンガリングの指でミュートする。

4、5、6弦のような上側の弦は、ピッキングする右手の腹の部分、手首のちょっと上や、小指側の手のひらのヨコ(なんかよくわからん表現だが)など、要はいろんな空いてるとこを使ってミュートするのだが。

チョーキングなんかは、特にこのミュートが大事になってくる

かなり広範囲まで弦が移動するチョーキングは、もう極端に言ってチョーキングした弦以外は全部ミュートするつもりでおかないとだめ。

チョーキングビブラートなんかした時など、もうなんか色んな所が揺れて当たってこすれて雑音の嵐に襲われる事になるからね。




コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。