ネックいろいろ - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ネックいろいろ





ギタリストにとって、ネックの形状というのは”弾きやすさ”という面では非常に重要な要素だ。

一番いいのは実際に楽器屋さんで試奏させてもらってしっくりくるものを選ぶのがいいのだが、近くに楽器屋さんがない人もたくさんいると思うので、参考までにネックの種類と特徴を簡単に説明しよう。

◎UネックとVネック

Uネックは、握る部分が比較的ゆるやかな浅いカーブで、出回っているギターはほとんどがUネック。

Vネックはカーブ、というより握る部分が三角形に近い形になっている。

握った時、親指と人差し指にがっちりとフィットする形になっているようだが、実はあんまり存在しない。ひょっとしたらもうVネックは生産されてない可能性もあるが。

◎フレットのアール(カーブの強さ)

フレットもよく見るとまっすぐではない。ゆるやかにカーブしているのだが、これをアールといい、アールが強い、弱いの違いがある。

アールが強いものは、複雑なコード弾きなどに適していると言われている。
逆にアールが弱く、比較的フラットに近いものは単音弾きや速弾きに適していると言われている。

とはいえ、ほとんどまっすぐなものは逆に「りぃだぁ」は弾きにくかった覚えがあるぞ。

◎レギュラー・ミディアム・ショート 各スケール

ネックの長さの事で、大きくこの3つに分けられる。

レギュラーというのは、ギター本来の性能をフルに発揮できる長さで、一般的なギターは全部レギュラースケールだ。

ミディアムスケールはちょっと珍しく、レギュラーよりも3センチちょっと短い。ちょうど1フレットがなくなったくらいの長さ。
日本人の体格だとこれくらいがちょうどいいのだが、なんせタマがないので探すのが一苦労するかも。

ショートスケールは、フェンダーのムスタングなんかが有名だが、ミディアムよりまだ短い。
弾きやすいとは思うが、これに慣れてしまうとレギュラースケールが妙に”長っ”って思えるようになってしまうぞ。

◎薄型ネックと普通のネック

手の小さい日本人にとっては薄型のネックのほうが弾きやすい。
ま、慣れれば普通のネックでも問題はないのだが。
「りぃだぁ」は普通のネックで慣れているんだが、薄型の方が弾きやすいなあ、と今でも思っている。

材質にもよるが、薄型の方がやはり強度は弱いので、ネックの反りには注意が必要。

とまあ、これだけいろいろあると自分にはどんなのがあっているのか、を見つけるのは難しいかもしれない。

これにプラスして、木やフレットの材質なんかも選択肢に加わってくる。

とはいえ、慣れればいいや、くらいに思えればそれが一番いいんであるが。



コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。