ちょっとスパルタな練習方法 - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちょっとスパルタな練習方法



ライブでも発表会でもいい、何かを人前で発表あるいは披露しようとするときは普段よりもたくさんの練習をこなすはず。

では100%練習したから、本番でも100%出るのか?といわれるとそれは無理。

人にもよるが、練習で100%なら本番ではせいぜい50%位がいいところだろう。

本番で100%出そうと思ったら、練習では200%の練習をしないとダメ。

これについてはあなたも今までの人生経験の中で、なんとなく理解している部分だと思う。

で、この考え方に近いんだけど、若い子にギターを練習させる時は、なるべく自分の出来うる限りのスピードで5分間ずっと指を動かしつづけてソロ(単音)をひいてみるようにさせる。

「え?、5分間ずっとソロの曲なんてないんだからそんな必要ないだろ」

って思えるかもしれないが、仮に5分間ずっと速弾きのソロの曲があったとしたら、5分間指を動かし続ける気力と体力とフレーズを組み立てる判断力が必要となるはず。

アドリブは泣きも速弾きもしながらその瞬間、瞬間でフレーズを頭で組み立てていかなければならない。

5分間それが出来るようになれば、たかだか8小節や16小節、時間にして40秒とか1分くらいのギターソロの間くらい、簡単にいいアドリブは出来るようになる。

性能を100%出そうと思えば、200%以上の練習密度と練習量が不可欠なのである。

この事は、ギターだけに限らず、あらゆる物事にも共通することであると思うぞ。






コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。