オクターブ・チューニング - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オクターブ・チューニング


ギターのチューニング方法のもう1つはオクターブ・チューニング

ではオクターブ・チューニングのやり方。


まず、通常チューニングを行う。音叉で行おう。

この時点では、5弦A音の音程は合っている。

次に5弦の開放弦を鳴らし音を確認、今度は5弦12フレットを押さえて鳴らす。

開放弦のA音より、12フレットの音が1オクターブ高く、かつ正確にA音であれば5弦のオクターブ・チューニングが合っている、ということ。

つまり、同じ弦の解放弦0フレットと12フレットは1オクターブで共通の音程(5弦ならA音)なので、1本の弦に対して0と12フレットの音を同じにする。


※ 開放弦よりも12フレットの音の音程が高い場合
(12フレットからブリッジまでの弦の長さが短いということである)

ブリッジの駒を後ろに下げる。
ギターによってやり方は違うが、ストラトなどのシンクロナイズド・トレモロの場合、後ろにネジがついているので、右にまわすと駒が後ろに下がる)

※ 開放弦よりも12フレットの音の音程が低い場合
(12フレットからブリッジまでの弦の長さが長いということである)

ブリッジの駒を前に上げる。



全ての弦でオクターブ・チューニングを行う。

もう一度、通常チューニングをする。

またオクターブ・チューニングを行う。


つまり、

オクターブ・チューニングと通常チューニングを繰り返し行い、全てのチューニングが合えばオーケーだ。


ずいぶんと手間がかかるな?と思ったかな?

そのとおり!残念ながら、それを怠るといい演奏は出来ないのだ。

楽器というのはそのくらい繊細なものなのだ、ということを肝に銘じてギターを扱おう。

ただし、あまり神経質になる事はない。

チューニングというものは、スタジオやライブハウスの会場の温度、湿度などの差で結構狂うものなので、オクターブ・チューニングだけ家でしっかりやっておけば、そのたびに通常チューニングを行って合わせればいいのだから。





コメント
非公開コメント

ブリッジ

駒というのはブリッジに6つついてるアレですか?

2012-09-13 12:17 from

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。