ギターのチューニング方法 - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ギターのチューニング方法


ギターのチューニング方法は大きくわけて2種類。

通常チューニングとオクターブ・チューニングだ。

チューニングをいい加減にやってると上達しないぞ!

では通常チューニングの方法から。



1,まず、音叉をどこか堅い場所に叩いて当てて、耳のそばにもっていき、A音(ラ)を出す。

2,その音と、5弦の解放弦を合わせる。

3,6弦5フレットを押さえ(A音)、5弦の解放弦A音と合わせる。

4,5弦5フレットを押さえ(D音)、4弦の開放弦D音と合わせる。

5,4弦5フレットを押さえ(G音)、3弦の開放弦G音と合わせる。

6,3弦4フレットを押さえ(B音)、2弦の開放弦B音と合わせる。

7,2弦5フレットを押さえ(E音)、1弦の開放弦E音と合わせる。

8,もう一度音叉を鳴らし、5弦の開放弦A音を合わせる。

9,6弦5フレットを押さえ(A音)、5弦の開放弦A音と合わせる。

10,以下、4番以下を音叉の音と5弦解放弦A音がぴったり合うまで繰り返し行う。



3弦だけは4フレットを押さえることに注意!

特に弦が新品の時は絶対に1回のチューニングではすべての弦のチューニングは合わないので、何度か繰り返しながら行う。

そして、途中でチョーキングをしたりして弦を伸ばしながら行うことが大切だ

音が安定するまで弦を伸ばしながらチューニングしてみよう。

次回はオクターブ・チューニングだ。




コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。