チューニングの大切さ - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


チューニングの大切さ


パソコンがクラッシュしたため丸3日間、何のチェックもできなかったためメールなどがたまってしまい申し訳ない。

必ず返事は差し上げるので、しばらくお待ち頂きたい。



さて、ギターに限らず、楽器を弾く前にもっとも大事なイベントがチューニング作業。

ギターの場合、初心者のうちはできるだけ音叉を使おう。

なぜなら、まず耳を鍛えるというのが上達に不可欠だからである。

チョーキングとかも、耳が確かではなかったら音程が不安定なチョーキングになり、聞いてる人に不快感を与えるぞ。

まず、耳を鍛える

オイラもよく、初心者ギタリストの人には、「とにかく耳コピせよ!」と言ってるんだけど、同じようにチューニング音叉を使って耳で確かめろと言う。

耳を鍛えないと楽器の上達はない!

さて、ギターの場合のチューニングは通常の方法で1つ。

弦を張り替えた時にもう1つ別の方法を併用してあわせて2つの方法でチューニングをする。

通常の方法とは、音を合わせるには音叉を使って5弦A音をあわせる。

5弦A音をあわせたら、その音を元にほかの弦をあわせていくんだ。

もう1つ、弦を張り替えた時には通常の音叉を用いたチューニングに加えてオクターブ・チューニングというのを行う。

※通常の5弦A音を音叉であわせるチューニング。

※オクターブ・チューニング。


次回はこの2つのチューニング方法を説明していこうと思う。



コメント
非公開コメント

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。