第5回講座 - ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


第5回講座

さて、Cメジャースケール(ピアノの白鍵の位置)については理解して頂いただろうか。

それでは、ギターではどの位置がピアノの白鍵にあたるのだろうか。
ではまず、下の図を見てほしい。
0フレットから4フレットまでで、ピアノの白鍵のスケール(Cメジャースケール)を表しているよ。

1cめじゃ


まずはこのCメジャースケールを覚えるのが基本中の基本なので、順番に覚えていこう。
上図は、0フレットから4フレットまで、つまり一度ネックを握り込んでから左手の位置を動かさずに、1弦から6弦まで使えるCメジャースケールのポジションだ。これを覚えると、Cメジャーのキーの曲で0?4フレットでのアドリブが出来る。
つまり、この位置のポジションを弾いている限り、Cメジャーのキーの曲に関しては、俗に言う「はずした音」ってのは無いのだ!

このポジションを色々と組み合わせてメロディーを作っていくのだけど、それは個々のセンスに依存してくる。

音程は無視していいから、まずはポジションの位置を覚えるのが先決。
繰り返し1弦から6弦まで、またはその逆に6弦から1弦まで弾き込んで、左手にしっかりとポジションを覚え込ませよう!
当然、上図の見た感じのイメージも同時に覚えよう。これ重要。

そして、このポジションのスケールを「1番スケール」としておこう。
もちろん、自分の覚えやすいように好きな名前をつけてもいいよ。

とりあえず、この講座では上図のスケールは「1番スケール」として表記していくよ。

でわ、今日はここまで。





コメント
非公開コメント

これは6弦のE,F,Gと弾いていって1弦のGまでを弾いて覚えればいいんですか?

2006-11-02 15:27 from 初心者

トラックバック
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © ギター初心者でも絶対上手くなる!ギター講座 All Rights Reserved.
電気自動車情報
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。